二重まぶた方法 > 二重まぶたの手術法

二重まぶたの手術法

■二重まぶたの手術・・・

二重まぶたにするには、埋没法・部分切開法・切開法・眼瞼下垂手術の4つの手術方法があります。

■埋没法とは・・・

埋没法とは、医療用のとーっても細い糸でまぶたの皮下を数箇所とめて二重まぶたにする方法です。

糸を通すだけなので比較的短時間で済み、腫れが少ないのが特徴です。

・メリット

施術時間が短い。

料金が安い。

腫れが少ない。

・デメリット

一重に戻りやすい。

しかし最近では、以前より技術が進歩しましたので、そういった不安もなくなりつつありますが、それでも戻らないとは完全に保証できません。

■部分切開法とは・・・

7mmほど切開をして、二重のラインを作りやすくするために「瞼板前脂肪」を取り除く方法です。

しかし最近では、埋没法の針穴から脂肪を取り除くことが出来るようになった為、あまり行われていません。

■切開法とは・・・

二重のラインに沿って切開をすることで、「瞼板前脂肪」を取り除く方法です。

この手術は同時に目の上のたるみも取り除けます。

・メリット

まず元に戻りにくいということ。

くっきりとしたラインが作れる。

・デメリット

術後のダウンタイム(腫れ)の長さ。(約1週間程度)

埋没法と比べて、費用も高めになります。

逆に、元に戻しにくいというデメリットも。

■眼瞼下垂手術とは・・・

目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)が弱く、二重まぶたが出来にくい方に行う方法。

目が細く、眉を上げて目を開けているのが眼瞼下垂の特徴と言えます。